OwnersBook

FX 投資ノウハウ&ツール(FX)

「ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花~ひばな~」を検証 

更新日:

前回ご紹介した「ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花~ひばな~」の動画をほぼ見終わったところなので、ここでこの教材を検証して思ったことをあらためて書いてみようと思います。

ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花~ひばな~の公式サイトはこちら

 

波形とラインを見るだけのシンプルなエントリー

いやあ、この商材なかなかいいですね。さすがぷーさん式といった感じです(^^)/。

はっきりいってこれでほんとに勝てるの?っと思ってしまうぐらいのシンプルなトレードなんですが、講義動画の中で100枚の検証画像を見ながらの解説を見てみると、ちゃんと勝てるトレードだということが分かると思います。

具体的には1時間足であるラインと波形を見てエントリーするわけですが、これが超シンプル。

どれぐらいシンプルかというと、おそらくエントリーの形だけなら誰でも一日かからずにマスターできるのではないかというぐらい、拍子抜けするぐらいにシンプルで、勿論インジケーターなども使いません。

今回は逆張りトレードですが、ラインの引き方も誰でもわかるところに引くので、「輝」の時のようにラインの引き方で迷うなんてことはないと思いますし、波形も分かり易いです。

強いて言えば、波形はいつも同じではないし、ラインとの絡みも毎回チャートごとに違いますので、微妙な形の時にどう判断するかで少し迷うこともあるかもしれませんが、より優位性のある形については動画の解説でもきちんと説明されていますし、難しいこともないので、そこをしっかりと抑えていれば迷うことも少ないと思います。

 

高勝率のスキャルピングとは真逆のトレード

勝率は講師のぷーさんで6割程度と言われています。

これはリスクリワードが1:1の場合での勝率のようで、生徒さんの中にはもっと勝率の高い方もいらっしゃるようです。

勿論6割でも勝ち負け1:1なら十分資金は増えていきます。

大事なのは勝率よりも資金を着実に増やしていくことなので、3割、4割の勝率でも2:1とか3:1とかの比率で大きく勝てば問題ないですね。

だた高勝率のスキャルピングトレードのように、どちらかというと損大利小的なトレードで勝率を高めたい人にはこのトレード手法は向かないでしょうね。

あとポジションも普通に2日とか3日とか保有するスイングトレードになることが多いと思いますので、当然含み損を抱えることもあります。

なので、含み損を抱えることが駄目っていう人にも向かない手法になってきます。

 

日足トレードの手法はさらにシンプル!

前回の記事でも書きましたが、この「火花」には1時間足のトレードの他に、さらに日足のトレード手法についても紹介されています。

こちらはずばり波形すら見ないというさらにシンプルな逆張りの手法ですね。

強いて言えばプライスアクションの知識はないよりあった方がよいと思いますが、特に書籍で勉強しないといけないというレベルでもないですし、トレード動画をちゃんと見れば、こちらの手法も誰でも簡単に理解できると思います。

おそらくチャンスは1時間足よりも少なくなるのではないかと思われますが、じっくりチャンスを待ってゆっくりと余裕のあるトレードをしたいという方には向いている手法かと思います。

ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花~ひばな~の公式サイトはこちら

 

少ないトレード頻度でも焦らす待てるかどうかが鍵

トレードの機会は、1時間足逆張り手法も日足手法も1通貨ペアあたり月に2回程度

普段スキャルピングをやっている方からすると、少なすぎるだろ!という突っ込みが入りそうですが(・_・;)、10通貨ペアかそれ以上の通貨ペアを監視することで、トレードの機会は増えます。

それにスキャルピングのように頻繁にチャートに張り付いていないといけないわけでもないので、ここはトレードにあまり時間を割かず、他のことに時間を割けるというように前向きに捉えるべきでしょう。

ただどうしてももっとチャンスがあった方がよいという方や、スキャルピングで細かく利益を取っていきたいという方は、例えば5分足に特化したこちらの商材で紹介されている手法なんかに取り組まれることをお勧めいたします。

逆に「火花」のように少ないチャンスでもよいので、ゆったりとトレードしたいという場合は、是非今回の手法にトライして欲しいですね。

この手法はおそらく世界中のほとんどのトレーダーが意識するところ(キリバン)でのトレードになりますし、しっかりと身につければこれから先ずっと使っていける手法になります。

ちなみにこの手法のポイントはせっかちにならず、チャンスがくるまでじっくり待って正しいポイントで入ることです。

ただ1通貨ペア当たり月2回程度のチャンスは少ない、もう少しだけチャンスを増やしたいという場合は、通過ペアを増やす以外に、ぷーさん式の順張り手法である「輝」の手法と併用するのも悪くないでしょう。

どちらもライントレードですが、基本となる時間足が違うし、手法も順張りと逆張りで違いますので、チャンスも増えてさらに利益を増やしていけるでしょう。

ただしトレードのチャンスが増えるとポジションも増えて、その分資金も必要になりますので、そのあたりの資金管理には注意が必要なのは言うまでもありませんね。

 

まとめ 専業でも兼業でもFXの裁量トレーダーにはおすすめ!

この商材の2回目のレポートとなりましたが、いかがだったでしょうか?

最初はあまりにもシンプルなので、私自身ほんとにこれで大丈夫かとも思いましたが、講義動画を見るにつれてその疑念も払拭されて、うん、この手法も使えるなという確信に変わっていきました。

ふと気付いたんですが、「輝」の時よりも講義数も少ないし、時間も短く、ぷーさんの喋りのテンポもいいので、「輝」の時よりもとっつき易いですね。

「輝」も素晴らしい商材なんですが、動画を見てて若干眠くなることもありましたので(=_=)・・・。

しかし今回は1時間超のチャート画像による検証動画も含めてしっかりと集中して見れましたし、ボリュームも丁度よくかといって学びが少ないという印象もなかったです。

1時間足の手法、日足の手法、ともにシンプルですけど、意外と盲点となる手法だと思いますので、中級者以上のトレーダーの方でも現状に行き詰っているという場合は、試して損のない手法だと思います。

今後もこの商材の手法を試してみてまたレポートしていこうと思いますが、今思っているのは、ひょっとしたらこの手法のいうポイント以外でも使える場面はあるんじゃないかなということです。

その点が分かった際にはまた特典レポートにでもして配ろうかなと思っています(^^♪。

ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花~ひばな~の公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

マネコ

Copyright© 投資で自由になろう!! , 2019 All Rights Reserved.