株式・先物

個別銘柄の自動売買もできる!マネックス証券の日本株専用取引ツール・トレードステーションが凄い!

トレードステーションとは?

トレードステーションとは米国のTradeStation Groupが開発した高機能のトレーディングツールです。日本ではオンライン証券のマネックス証券で利用可能で、株式の高度なチャート分析や多様な注文機能、そして注目の自動売買機能など、非常に高度かつ豊富な機能を備えています。

その性能についてですが、アメリカで最も権威のある金融メディアの一つである「バロンズ」紙から、アクティブトレーダー部門最高位を6年連続で獲得するなど折り紙つきです。

またこのツールを開発したTradeStation Group自体も、2011年に「U.S. No.1 Online Broker(アメリカで最高のオンライン証券)」に選ばれるなどこちらも高い評価を受けていますが、その根幹とも言えるツールが社名にも使用されているこのトレードステーションになります。

余談ですが、このツール、もともとはアメリカのキューバ移民だったクルーズ兄弟(下画像)が自分たちのトレードアイデアを実現するためのシステムの開発を目的として起業したオメガ・リサーチという会社(現TradeStation社)で開発されたソフトウェアです。

87年に開発したシステム・ライターというソフトウェアを改良し、91年にこの「トレードステーション」という名を冠したソフトウェアが誕生します。ですので、最初のバージョンから数えると30年以上の歴史を持ったソフトウェアということになります。

その後トレードステーションは有料ソフトウェアとして全世界で1億ドル以上を売り上げ、TradeStation社もソフトウェア販売の会社からオンライン証券グループへと変貌します。

そして2011年日本のマネックスグループが買収し、同グループの連結子会社となります。

そういう経緯でこのアメリカ生まれのTraderStationですが、現在日本ではマネックス証券のみで日本株専用版が提供され、無料で利用可能となっているわけです。

 

トレードステーションのここが凄い!

さてこのトレードステーションですが、そもそもどのような機能を備えているのか。

その主な機能(一部)を簡単にご紹介します。

☆レーダースクリーン(銘柄ボード)

  • ケタ違い!2,000銘柄を一斉登録可能!
  • 国内主要オンライン証券で唯一!2,000銘柄の騰落率リアルタイムソート可能
  • 国内主要オンライン証券で唯一!指標は200種類以上が利用可能!
  • 国内主要オンライン証券で唯一!すべての指標でアラート設定が可能!

☆マトリックス(板情報)

  • 注文発注/取消がワンクリック、訂正はドラッグ&ドロップで完結
  • 価格別の出来高をグラフ・数値・パーセンテージで表示!
  • 現時点だけでなく、価格毎の評価損益もひと目でわかる!

☆取引機能(クイックトレードバー、チャート取引、トレードマネージャー)

  • 最短ワンクリックで発注可能!クイックトレードバー(QTB)
  • 国内主要オンライン証券で唯一、訂正・取消まで対応のチャート注文!
  • 注文ポジション状況を確認しながら一括決済・一括注文取消も可能

☆チャート分析

  • 国内主要オンライン証券で唯一!100種類以上の指標を描画可能
  • 画面構成をすべてカスタマイズ!自由自在な画面設定が可能
  • 国内主要オンライン証券で唯一!ツール単独での日本株システムトレード対応

☆注文機能

  • 逆指値・トレーリングストップ注文などリスク管理に有効な注文が利用可能!
  • 現在の気配から指定ティック分自動的にずらす自動指値/逆指値注文が利用可能
  • トレードステーションだから可能な複合注文でサーフィントレードもカンタン!

☆アルゴ取引(マネックスアルゴ)

  • 発注する銘柄と別の銘柄の値動きをトリガーにして発注・訂正・取消可能
  • トリガーとなる銘柄を2つにした条件設定も可能
  • 株数をランダムに分割して発注することが可能

☆情報(ホットリスト・スキャナー・ニュース)

  • 寄り前気配のギャップアップ率/ダウン率の表示も可能なランキング ― 「ホットリスト」
  • テクニカル・ファンダメンタル両方を駆使してスクリーニング ― 「スキャナー」
  • 時事通信、フィスコなど6社の情報の閲覧、アラート受信が可能 ― 「ニュース」

☆トレードステーション・モバイル(スマートフォン版)

  • 直感的な操作性
  • 簡単にテクニカル分析、チャート描画が可能
  • VWAP乖離率やボラティリティ等、36の項目で銘柄を並び替え

システムトレード(自動売買)

  • 特別なプログラミング知識を必要とせず、システムトレードが実行可能
  • テクニカル分析に沿ったトレード戦略のバックテストがわずか数STEPで
  • 複数の戦略の組み合わせ、自作の戦略の検証など拡張性は無限大

 

いかがでしょうか?

ここに書いたのはトレードステーションの豊富な機能の一部なんですが、株の取引きをされている方なら、これらの機能を既存の証券会社と比較したらどれだけ凄いか分かるはずです。

私も以前某大手証券会社で株のネット取引をしていた時期があるんですが、1つの画面に2千の銘柄を表示させたり、イフダン注文やOCO注文ができたり、トレーリングストップが使えたり、メールでシグナル発生時にアラート受信できたりと、他の証券会社のプラットフォームの常識では考えられないような機能が満載で、おまけに発注スピードも他社プラットフォームより圧倒的に速いんです。今は株取引をやらなくなっているんですが、もっと早くこのトレードステーションの機能を知っていればと後悔することしきりです・・・。

しかしこれだけ豊富で高度なトレードステーションの機能の中でも当ブログで特に注目したいのが、赤字で書いた日本株システムトレード対応(自動売買)という部分。これは日本の株売買専用ツールに備わっている機能としては非常に珍しく、日本の証券会社ではマネックス証券のみが提供するこのトレードステーションに特徴的な機能です。

よくFXの自動売買については聞くことがあると思うんですが、株の自動売買というと私も含めて馴染みがない人が多いと思います。そこで今回はこの株の自動売買機能についてご紹介したいと思います。

 

株の個別銘柄を複数のストラテジーで自動売買できる!

株の自動売買というと、CFD(差金決済取引)のように証拠金を差し入れてレバレッジ取引することを連想する方も多いと思います。

CFDでは日経225やアメリカの大型株など、一部の株式指数や個別株を取引することができます。そしてCFDであれば、これまでも証券会社によってはMT4で自動売買をすることも可能でした。

しかしこのトレードステーションはCFDではなく、個別株について現物取引や信用取引を自動で行うことができます

自動売買を行うにはそのためのトレード用の特殊なプログラムが必要になってきます。FXの自動売買のEAのようなものですね。

トレードステーションでも「ストラテジー」と呼ばれるトレード用のプログラムがあれば、自動売買ができます。そしてトレードステーションでは最初から100以上のストラテジーが用意されており、トレーダーはその中から自分のトレード戦略に合わせて複数のストラテジーを選んで自動売買をさせることが可能です。

ただし個別銘柄は一つのチャートで一つの銘柄のトレードになります。複数の銘柄を同時に自動で売買させるには、個別銘柄ごとにチャートを複数起ち上げ、それぞれにストラテジーをセットする必要があります※。

※一つの銘柄を売買させる場合に他の複数の銘柄の指標やチャートを参照させてトレードさせることは可能です。

まあこれはFXで自動売買させる場合も通貨ペアごとにチャートを立ち上げてEAをセットするので、似たようなものですね(^^)。

 

ストラテジーのプログラム言語は?

ちなみにこのストラテジーですが、EasyLanguageという独自のプログラム言語で作成されています。”Easy”と名付けられている通り、初歩的な英文で記述される非常にシンプルなプログラム言語のようですので、プログラミングの心得のあるユーザーであれば、自身でストラテジーを開発することも可能でしょう。

また、現在標準搭載以外のストラテジーについてはGogoJungleというEAやトレードツールの販売サイトでのみ取り扱いがあるようですが、今後トレードステーションの普及に伴い外部販売サイトでのストラテジーの提供も増えてくるはずです。

↓GogoJungleのTradeStationのストラテジー(収益率ランキングより)。収益率が凄い!

 

運用前に長期のバックテストによる詳細データが確認できる!

FXの自動売買では当たり前になってますが、このTradeStationでも過去の相場のデータでストラテジーを運用した場合にどのような結果になるのか、シミュレーションによるバックテストが可能です。

バックテストと言えばFXの自動売買でよくあるのがバックテスト期間を短くして、勝てる期間だけを掲載してEAを売ったりする販売手法。しかしそんな短い期間のバックテストだけを信じて自動売買をやったとすると、リアルな口座で運用を開始した途端、大怪我をすることにもなりかねません。

最近ではこういう傾向は減って、10年以上のバックテストを公開するのが普通になってきていますが、トレードステーションの場合はなんと日足なら1991年から27年分の株価が見られますし、分足などの日中足も期間を10年以内に区切れば1991年から見ることができます。

ですのでかなりの長期間のバックテストをすることが可能になります。にも拘らずFXの自動売買用のプラットフォームであるMT4と比較するとバックテスト自体のスピードも、ストラテジーのパラメータの最適化も圧倒的に速く、サクサクです。

バックテストの実施後は詳細なレポートが確認できます。

ちなみにレポートを見る際のストラテジー評価のポイントとしては、

・長期で安定した成績をあげているかどうか

・下落相場でも利益をあげてるかどうか

・最大ドローダウン(損益グラフの最大の落ち込み幅)が小さいかどうか

・損切が大き過ぎないかetc

等があります。ストラテジーを用いて実際に自動売買を実施する前に、そうしたポイントをバックテストで十分確認しておく必要があります。

↓トレードステーションのバックテストのやり方

 

シストレ(自動売買)の設定は簡単!

シストレの設定は簡単です。詳細は下記の動画を見ていただければわかりますが、設定の流れは、①トレードしたい株銘柄のチャートを表示→②ストラテジーを選択→③ストラテジーのパラメータ設定→④各種条件(注文株数等)を設定→④自動売買による運用スタート、となります。

ストラテジーは事前にバックテストを行っておくのが必須です。ただ注意すべきなのは、FXの自動売買であればバックテストが良かったからと言ってリアルの運用でも良い成績が残せるとはかぎりません。そこでフォワード運用の結果についても確認して、その成績が良いEAを採用するという流れで運用するEAを決定するトレーダーが多いです。

ですので、このトレードステーションで株の自動売買をやる場合も、できればフォワードの成績を確認して欲しいところです。

そこで今回はフォワードが確認可能なストラテジーを無料で貰える特典リンクを最後に案内していますので、そちらのストラテジーのフォワードの成績を確認し、納得がいったら口座を開設してそのストラテジーを入手するのも悪くないと思います。その上で、まずは少額で運用してみるということをお勧めいたします。

↓ストラテジーの設定方法

 

ユーザーの要望に合わせて機能の改善やサービスの拡充を実施!

さてこのマネックス証券のトレードステーションが非常に豊富な機能があり、自動売買もできるということは分かったと思います。

このままでも十分素晴らしいプラットフォームだと思いますが、加えて素晴らしいのが、常にユーザーの要望に合わせて機能の改善やサービスの拡充を実施している点です。

しかもユーザーから問合せが多かったものを中心に、今後の機能の改善スケジュールの案内までやっているという親切ぶり!(↓)。実に素晴らしいですね。

この辺はやはりマネックス証券の松本大CEOがトレーダー出身というのも大きいでしょうね。常にトレーダー目線でトレーダーが使いやすいツールというのを考えているからこそできる対応だと思います。

 

トレードステーションを利用するには?

トレードステーションの利用方法ですが、下記のような手続きが必要です。

マネックス証券の証券総合取引口座を開設

トレードステーションの利用申し込み

③証券総合口座のメッセージボードに届く契約案内の内容を確認し再度申し込み

④利用設定完了の通知が届いたらトレードステーションのダウンロード、ログインが可能!

マネックス証券の口座開設しただけではまだトレードステーションの利用はできませんので、利用申し込みを忘れずに行ってください。

 

手数料は?

手数料についてですが、まずトレードステーション自体の利用は無料です。以前はアメリカは勿論、日本でも高額で有償販売されていた時期があったようですが、ありがたいことにこれだけの高機能のツールを日本のユーザーは無料で利用することができます。

次に取引手数料についてですが、こちらは取引金額に応じて3つのコースが用意されています。いずれも定額制ですが、定額制としては業界最安水準となっていますので、アクティブ・トレーダーにとってはかなり喜ばしい料金体系といえるでしょう。

具体的には下記のような料金となっていますので。各自の取引量に応じたプランを選べばよいでしょう。

プラン名 1日の約定金額 取引手数料(税抜)
ミニプラン 10万円ごと 50円
ノーマルプラン 100万円ごと 400円
ラージプラン 1,000万円ごと 3,250円

 

最大3ヶ月間取引手数料無料となる「トレステ デビュー応援プログラム」!

さて上記のように業界最安水準の定額制となっている取引手数料ですが、実はトレードステーションを新規に利用した場合には、お得な手数料プランも用意されています。その名も「トレステ デビュー応援プログラム」です。

このプログラムは、トレードステーション利用契約設定日(メッセージボードで通知)の翌営業日から、利用契約設定日の属する月の翌々月末まで取引手数料が無料になるというものです。2~3ヶ月あればトレードステーションにも慣れるでしょうから、その間手数料を無料にしてくれるというのは大変ありがたいことですね(^^♪。

※プログラム期間中に累計約定金額が5,000 万円(現物取引と信用取引の合計額)に達した場合、翌週の第2 営業日より通常の取引手数料体系に移行します。

 

解説動画が豊富でサポート、セミナー、コラム、インジケーター配布等も充実!

しかしこの高機能のトレードステーションですが、初めてこういうツールを使うという方や、そもそも株取引が初めてという方が使用する場合は、なかなか難しい面もあるかもしれません。

しかしその点に関してもかなり詳細な説明とサポートが用意されていますので、あまり心配する必要はないと思います。

まず説明という部分ですが、トレードステーションの専用サポートサイトが用意され、詳細な解説動画が用意されています(↓)。

御覧のように各動画は様々な操作方法や設定方法ごと、機能別の操作方法ごとにコンパクトにまとめられていますので、自分が躓いているところを見つけて解決しやすくなっています。

またサポート窓口も非常に充実しています。無料のサポートダイヤル(平日8時~17時)やネットの問い合わせフォームからの対応は勿論、なんとTwitter、Facebook、LINEといったSNSから質問することもできます

さらにはトレードステーションの使い方や応用等についての講習会やセミナー等の関連イベントも頻繁に行われていますので、イベント会場のお近くにお住まいの方は直接聞きに行かれてもよいですし、忙しかったり遠方で行けないという方のためにオンデマンドによる動画配信も行われています。

またトレードステーションや株式に関するコラムやレポートの提供も豊富なほか、トレードステーション専用のインジケーターやワークステーション(トレードステーションの画面構成を記録したもの)の無償配布(ダウンロード)もされていますので、気に入ったインジケーターやワークステーションがあればダウンロードしてカスタマイズすることも可能です。

 

ユーザー同士の情報交換のためのフォーラムも設置!

さらにはユーザー同士でトレードステーションについてわからないことや相談したいことを投稿し、解決していくことができる場所としてトレステフォーラムも用意されていますので、こちらもトレードステーションに関する疑問点の解決や情報交換の場として活用できます。

↓トレステフォーラムの画面

 

特典(ストラテジー)付証券口座開設のご案内

以上見てきたように、株の自動売買機能をはじめ、情報・分析・注文に関する豊富な機能を備えた上にサポートも手厚いトレードステーションですが、利用するためにはマネックス証券の「トレードステーション利用口座」の申し込みが必要になります(証券総合取引口座をお持ちでない方はまずはこちらの口座開設が必用です)。

今回はこの「トレードステーション利用口座」を新規で申し込まれた方限定で、トレードステーション専用のスペシャルなストラテジーが貰える特典付き口座開設キャンペーンのご案内をさせていただきます。

この特典となるストラテジーというのは「ブレイクアウトストラテジー」「PerfectOrderストラテジー」「トレンドフォローストラテジー」の3種類になります(下【特典ストラテジー】のところをご確認ください)。

いずれもバックテスト+フォワードの成績をGogoJungleにて事前に確認できますので、トレードステーションで株の自動売買をしたいという方には、現在販売中のストラテジーを無料で入手するチャンスです。

ちなみに私のおすすめは「ブレイクアウトストラテジー」。理由は3つの中では一番成績が良く、安定しているからです。

 

◎特典の入手方法

(1)GogoJungle(旧「fx-on」)に会員登録されていない方はまずは会員登録をしてください。

(2)GogoJungleに会員登録後、ログインしてください。

(3)ログインしたままの状態で当記事下記【特典ストラテジー】よりご希望のストラテジーを選択し、対応するバナーよりリンク先の口座開設案内ページに移動してください

↓希望のストラテジーに対応するバナーをクリック(※GogoJungleにログインしたままクリック)

(4)再度ご希望のストラテジー特典付き口座開設専用バナーがありますので、ご希望のストラテジーに対応するボタンをクリックしてください。

↓遷移先のページから再度希望のストラテジーに対応するバナーをクリック

(5)クリック後開くページでは、証券口座の有無によりクリックするボタンが異なりますのでご注意ください。

マネックス証券の総合証券取引口座を既にお持ちの方は「トレードステーション利用申込み」ボタン(下記バナー)から

同証券取引口座をお持ちでない方は「証券総合取引口座開設」ボタン(下記バナー)から

登録ページに移動し、必要事項を記入してください。

(6)必要書類(身分証明等の資料)を提出し、口座開設を完了してください。

 

【特典ストラテジー(どれか一つを選択)】

以下の成績を参考にご希望のストラテジーをひとつ選び、必ず対応するバナーのリンク先から口座を開設してください

※既にマネックス証券の証券総合取引口座をお持ちの方も、トレードステーションの利用申し込みをされていない場合は対象となります。

※画像または画像下リンクをクリックするとGogoJungleの(バックテスト+)最新のフォワード成績ページに移動します

ブレイクアウトストラテジーのフォワード成績はこちら

 

PerfectOrderストラテジーの成績はこちら

 

トレンドフォローストラテジーの成績はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 成長国の海外ファンド融資に特化した好利回りかつ社会貢献度の高い投資!クラウドクレ…
  2. 個別銘柄の自動売買もできる!マネックス証券の日本株専用取引ツール・トレードステー…
  3. プロフェッショナル・トリガーFX (プロトリFX )を購入・検証してみました!
  4. ORCA SIGNALの無料お試しが復活!会費負けしないあり得ない制度も追加!
  5. 1万円から投資可能!安定性と堅実性を備えた不動産特化型クラウドファンディングサー…

関連記事

  1. 株式・先物

    池田式・サヤ取り投資マスター塾の新PR文を紹介!小学生が月利7%!!

    再三お知らせしています、「池田式・サヤ取り投資マスター塾」ですが、クロ…

  2. 株式・先物

    スーパースキャルピング225を検証してみた感想

    前回記事でお伝えしたスーパースキャルピング225ですが、実際に購入し検…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料お試し実施中!圧倒的実績の仮想通貨シグナル!

今回も圧倒的コスパ!ぷーさん式FXの最新作は1時間足の逆張りトレード!

「ぷーさん式輝」が最新版にバージョンアップ!

裁量トレーダー必見の5分足スキャルピング手法!

ロジックと裁量ノウハウを学べる上にEAも付属!高精度かつ丁寧なサインツール!

有名トレーダープロデュース!追撃ロジックで一気に利益を増やす!

一瞬で相場環境を把握して安定的に稼ぐ!

FXサインツールの超人気ベストセラー!

相場の本質を捉える本格手法!

ポンド円に特化してレンジでもトレンドでも稼ぐ完全無裁量の手法!

資金効率抜群の日経225先物専用スキャルピングサインツール!

最高水準の流動性とセキュリティ!

1万円から投資可能な不動産投資!

国内初の株式投資型クラウドファンディングサービス!

長期で着実に積み立てるFX

追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!

ピックアップ記事

スポンサードリンク

  1. FX

    「ぷーさん式FX 逆張りトレードマニュアル 火花~ひばな~」を検証 
  2. FX

    高精度サインツールでありながらロジックも学べEAまで付属!PLATINUM TU…
  3. 仮想通貨

    収益率200%越え!!ORCA SIGNALの状況報告/2018年10月
  4. 株式・先物

    スーパースキャルピング225を検証してみた感想
  5. FX

    ドラゴン・ストラテジーFXがスペシャル限定特典付で販売中!!
PAGE TOP