仮想通貨

追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!ビットバンクトレード

今回は仮想通貨の取引所をご紹介したいと思います。

ただし仮想通貨の取引所といっても、現物ではなくビットコイン専用のFXになります。しかもかなり特徴あるFXですね。

FXと言えば、証拠金を差し入れてレバレッジをかけて取引できる投資商品ですが、少額で大きな資金を動かせるので、資金効率が魅力ですね。反面資金が大きく動いて大損したというような話もよく聞くわけですが、果たしてボラティリティの大きいビットコインでトレードして大丈夫なのかと心配する方もいらっしゃるかもしれません。

また仮想通貨なので、取引所から盗まれて消失しないのか、なんて心配もあるでしょう。なので、今回そういった点にも注目しつつ、紹介したいと思います。

前置き長くなりましたが、今回紹介するのはビットバンクトレードになります

ビットバンクトレードとは

ビットバンクトレード(bitbankTrade)とは、ビットバンク株式会社が運営するビットコイン先物取引(FX)サービスです。

仮想通貨の現物取引をされている方であれば、ビットバンクについては既に口座を持っているという方も多くいらっしゃると思いますが、仮想通貨の現物取引を行っているのは名称に「Trade」のついていない「bitbank」の方で、こちらはビットコイン以外にもリップルやイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどの仮想通貨を取り扱っている取引所になり、現在管理人も利用中の取引所の一つです。

この二つの仮想通貨関連のサービスを提供しているビットバンク株式会社ですが、それ以外にBTCN(ビットコインニュース)という仮想通貨に関する総合的なニュースメディアを運営しています。このBTCNはメールアドレスを登録すると、ほぼ毎日最新の仮想通貨の動向に関わるニュースを配信してくれますので、私も結構重宝しています。

以上のようにビットバンクトレードはビットバンク株式会社が提供するサービスですが、このサービス内容を見る前にこの会社について見ておきましょう。

ということで気になる金融庁の仮想通貨交換業者にもちゃんと登録されていますね。社長の廣末氏は野村證券出身で金融業界に精通されているのは勿論、他にもGMOインターネットなど、いくつも会社の経営に関わってきた方のようです。

ちなみにこのビットバンク株式会社の主要株主には、廣末氏のほか、ポイントサイト「モッピー」などのネットメディアを運営する東証一部上場の株式会社セレスが名前を連ねていますので、経営や財務の基盤もしっかりしてそうですね。

ビットバンクトレードの商品はビットコイン先物取引(FX)

で、このビットバンクトレードですが、提供する商品はビットコインFXで、現在取り扱いのある通貨ペアはBTC/USDのみとなります。しかしこのFXはよくある通常のFX(外国為替証拠金取引)と違いがあります。

まず第1に、扱う商品はビットコインの「先物取引」です。つまり、決済期限(取引期限満了日)が決められているわけです。

その期限というのは下記のように今週・来週・四半期の3種類。

今週物 来週物 四半期物
取引期限満了日 今週金曜日17時 来週金曜日17時 3,6,9,12月の最終金曜日17時

例えば期限が今週の「今週物」を月曜日に1枚(100USD相当)を「買い」で購入したとするなら、今週金曜日17時が満期となり、その期限までに反対売買(この場合は売り)で決済しない場合は、建玉は自動的に強制決済されていまいます(期日決済)。

また来週物及び四半期物の商品については、毎週金曜日17時に確定する清算値によって、自動的に建玉の決済と新規建てを同時に行い、その評価損益と未実現損益を口座残高に反映させる「途中決済(値洗い)」があります。

通常のFXであれば値洗いがない業者が多く、決済もロールオーバー(延長)され事実上期限がないのとほぼ同じですが、ビットバンクトレードでは決済期限も値洗いもありますので、FXに慣れた方でもこうした違いについては十分理解しておく必要があります。

レバレッジは通常10-15倍、最大20倍

このビットバンクトレードのビットコインFX(BTCFX®)ですが、レバレッジは通常で10-15倍、最大20倍となっています。

最大レバレッジ25倍の取引所もいくつかあるので、なんだレバレッジが低いじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、正直10倍も25倍も数百倍のレバレッジがある海外FXなんかのと比較すると全然大きい方ではないと思いますし、あまり気にする必要はないと思います。

FX取引で大事になってくるのは資金管理ですし、後述するようにビットバンクトレードの場合は追証もなく、ロスカット率も低いということで、国内の取引所でビットコインFXをやる分には他の取引所と比較してもレバレッジはこの程度でも十分かと思います。

追証(おいしょう)がない!

ビットバンクトレードのもう一つの特徴として挙げられるのが、追証がないという点です。

追証とは保有しているポジションとは反対方向にレートが動いて含み損が発生するなどの理由により、差し入れている保証金の比率が一定の比率を下回った場合に、その比率(最低維持率)を維持するために一定の期日までに追加で差し入れる必要のある証拠金のことです。

株の信用取引やFXをされている方なら経験あるかもしれませんが、含み損が大きくなって証拠金の維持率が下がった場合には、追加の証拠金を要求されます。もし追証を差し入れない場合は口座が強制決済(ロスカット)されたり、場合によっては口座残高がマイナスになってしまったりします。かと言って証拠金を入れるのも躊躇われたりするものなので(笑)、この追証というのは非常に気が重くさせられる制度でもあります。

ところがこの追証という制度がビットバンクトレードにはないわけです。何故それが可能なのかというと、顧客が利益を出した場合に、キャピタルゲインフィーがその利益から0.2%だけ徴収され、決済損失積立金として積み立てられます。仮にある顧客が証拠金以上の損失を出しても、その徴収された手数料の積み立て分から充当されるようになっているためです。

この追加証拠金がないということは最初に入金した投資元本以上に損失が出ることはないということですね。後述のスワップポイントがないことと合わせると、中長期でトレードする場合は非常に有利ですし、気分的にも楽ですね。

ちなみに強制ロスカット自体はビットバンクトレードにもあって、証拠金維持率が20%を切った場合になされます。しかしレバレッジが高くても強制ロスカットされる証拠金維持率が20%より大きい会社はたくさんあります。例えばBitPointは100%、DMM Bitcoinは80%、bitflyerは50%、Zaifは30%を下回った場合に強制ロスカットとなりますので、国内の主要なビットコインFXと比較してもビットバンクトレードの強制ロスカットされる証拠金維持率20%という条件はかなり緩い方です。レバレッジと合わせて考慮しても、この点でもビットバンクトレードは有利です。

スワップポイントを取られない!

上述のようにビットバンクトレードは追証がない代わりにトレードで利益を出しだ場合に0.2%の手数料(キャピタルゲインフィー)をとられるわけですが、それ以外の手数料については下記のようになっています。

BTCFX® 取引手数料 BTC 入出金手数料
新規 決済 キャピタルゲインフィー(※1) 入金 出金
0.01% 0% 決済時利益に対して0.2% 0 0.001BTC

新規注文の取引手数料が0.01%かかるし、出金時の手数料が0.001BTC、しかもキャピタルゲインフィーも取られるということで、ちょっと手数料高いんじゃないのと思われるかもしれません。

しかし手数料についてもビットバンクトレードは他の仮想通貨FXと違って有利な点があります。それはスワップポイントがないということです。

例えばbitflyer ligthing FX/Futuresなんかだと、買いであれ売りであれ、一日あたり0.04%ものスワップポイントが発生します。これはデイトレードなら別ですが、日をまたいでポジションを持つという場合にはかなり痛いですし、まして数日から数週間といったスイング中心のトレードをする場合はロットにもよりますが、結構な額をとられてしまいます。

このスワップポイントは国内の他の仮想通貨FXの取引所であれば、ビットバンクトレード以外は全て発生します。その点スワップを気にする必要がないのはビットバンクトレードの利点といえるでしょう。

コールドウォレット&マルチシグ採用でセキュリティのレベルも高し!

コインチェックで多額のNEMが不正に流出した事件は記憶に新しいですが、この事件で問題になったのはユーザーの購入した仮想通貨がコールドウォレットではなくホットウォレットに置かれていたという点。しかもマルチシグの導入もなされておらず、そのセキュリティ体制が批判にさらされました。

ちなみにコールドウォレットとはインターネットから切り離された状態で仮想通貨を補完できるウォレットのことで、コインチェックの事件なんかも外部からネット経由でウォレットにアクセスできたために起きてしまったわけで、これはもう取引所が備える必須の条件といえるでしょう。

またマルチシグは一人の管理者に引出権限を与えず、複数の管理者がいなければ引出できない仕組みのこと。こちらは内部からの盗難を防ぐためには必須の仕組みですね。コインチェックの事件ではNEM財団も推奨していたマルチシグの仕組みを導入していなかった点も問題とされました。

その点ビットバンクトレードはコールドウォレットにもマルチシグにも対応していますし、セキュリティ度は高いです。

また顧客の預入資金については運用口座から分離した別の銀行口座に保管されているということですので、口座に入金したお金が勝手に使われることもありません。

一点気になるのは二段階認証がまだ導入されていない点ですね。普通のFXの口座であれば、それでも問題ないもしれませんが、仮想通貨の場合は何度も取引所が盗難にあってます。現物のビットバンクの方はコインチェック事件の後に導入してて、ログイン時にも出金の際にも二段階認証コードの入力が必要になりますので、少しでもリスクを減らすためにもビットバンクトレードの方も早急に導入して欲しいところです。

入金&トレードはビットコイン!

トレードをスタートさせるには、口座を開設後、ビットコインを入金する必要があります。ビットコインを持ってないという場合は、現物取引のビットバンクと口座連携もできるので、ビットバンクで購入したビットコインをビットバンクトレードの現物口座に移して、そこからFX口座に振り替えるようにしておけばスムーズですね。

ところでこのビットコイン建でのFXですが、今後もビットコインが上昇を続けるということを考えると非常に有利だと思います。なぜならビットコインで利益を出せるというだけでなく、ビットコインの値上がりからのキャピタルゲインも得られるからです。

ただしビットコインの下落リスクも勿論あります。せっかくビットコイン建てで利益を出しても、円換算したら最初に入金前にビットコイン購入に支払った円よりも少なくなった、なんていうことも起こりえますので、その辺は自己責任でリスク管理を行うようにしてくださいね。

まとめ

他にも15種のテクニカル指標が使える機能的なチャートや365日土日もトレードできる点など、ビットバンクトレードおよびビットコインFXならではの特徴や魅力があります。

魅力と言えば当たり前のことなので上では触れませんでしたが、やはりビットコインFXは売りから入れる点は魅力ですね。仮想通貨の現物の取引では買いだけなので、相場が下落基調の時や、買いのヘッジとして利用できるFXは現物と合わせて口座を持っておくと便利です。

今後ビットバンクのユーザーとして希望する点は、最近出たスマホアプリがこちらのビットバンクトレードでも使えるようにしてほしいという点ですね。一応現状でもスマホで取引できるようにはなってますが、やはり操作性を考えたら専用アプリがあった方がいいですからね。

念のためこの点についてサポートに質問したら、「アプリリリースの際は弊社の「お知らせ」にて随時お知らせいたします」という否定をしていない答えでしたので、ビットバンクトレードについてもスマホアプリが出るものとして期待して待ちたいと思います(^_^)。

ということで、ビットバンクトレードのご紹介でした。

ビットバンクトレードの口座開設はこちら
ビットバンクトレード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 4月も好調!ORCA SIGNALの状況報告
  2. 商材探しにピリオド!?逆張り裁量手法の決定版!Flash Zone FX (フラ…
  3. 定期的に自動購入してくれる積立運用型のFX!積立FX
  4. 追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!ビットバンクトレード
  5. 金の現物取引から無駄と不正を排除し透明で安心安全なネットワークを構築!LODE

関連記事

  1. 仮想通貨

    【更新あり】USI-TECHで受け取ったビットコインの出金方法は?PCとスマホアプリで流れを解説

    すっかり仮想通貨ブログとなってきた当ブログですが(笑)、求められるニー…

  2. 仮想通貨

    USI-TECHのパッケージ数が112に増加!今後の戦略は・・・

    71パッケージからスタートしたUSI-TECHですが、現在112BTC…

  3. 仮想通貨

    USI-TECHがTechCoinのホワイトペーパーとロードマップを公開!!

    USI-TECHがTechCoin(テックコイン)のホワイトペーパーを…

  4. 仮想通貨

    金の現物取引から無駄と不正を排除し透明で安心安全なネットワークを構築!LODE

    流通コストがかかり不正な取引が横行・・・・金の現物取引の現状は?金…

  5. 仮想通貨

    仮想通貨投資初心者必見!◆みずほ証券出身「森田真之」の仮想通貨速習プログラム

    ご存知の通り、最近は仮想通貨投資界隈が沸騰しています。TVや新…

  6. 仮想通貨

    ボーナス最大100%!Unizonのアーリーバードステージがスタート!

    先日ご紹介しました相互扶助という保険の本質を具現化するプロジェクトで注…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

圧倒的実績!!別次元のシグナル配信!!

長期で着実に積み立てるFX

エアドロップ中!

エアドロップ中!

エアドロップ中!

鉄板の逆張り手法!

一瞬で相場環境を把握して安定的に稼ぐ!

シンプルなライントレードをマスターできる!

追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!

バンクエラの購入はこちらから!

スポンサードリンク

Twitterやってます!

  価値ある投資情報を不定期に配信!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 株式投資情報商材

    「ユダヤ人の錬金術」池田式・サヤ取り投資マスター塾が募集再開(4月28日まで)
  2. 仮想通貨

    社会に貢献し収益性も確保!ICO案件FountainConnectのご紹介
  3. 仮想通貨

    ボーナス最大100%!Unizonのアーリーバードステージがスタート!
  4. 仮想通貨

    USI-TECHのロゴや管理画面がリニューアル!!新製品のトークンパッケージも登…
  5. 仮想通貨

    ボーナス40%!LODEのパブリックセールステージ1がスタート!
PAGE TOP