仮想通貨

ブロックチェーン時代の銀行創立プロジェクトは超優良案件!?Bankera(バンクエラ)のICOは2月末で終了!

Bankera(バンクエラ)とは?

ネットやICO関連のコミュニティ、海外のICO関連のサイトでは、毎日次から次へとICOに関する情報があふれかえっています。

私自身も今年の仮想通貨市場全体の落ち込みもあり、最近は低額投資で仕込めるICO関連の情報にアクセスすることが増えてきましたし、ICOクラブで情報を得て実際にICO投資に参加したりもしています。

そんな中以前から気になっている案件として、このBankeraがありました。あのイケハヤさんをはじめ、既にネット上の仮想通貨関連の有名ブログでもかなり取り上げられていますし、中には今頃記事にして遅いよ、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、まあご容赦ください(-_-;)。

で、このBankeraについて、初めて耳にするという方のために、概略を述べておくと、これは一言で言えば、仮想通貨に対応したブロックチェーン時代のグローバルな銀行を作ろう、というプロジェクトになります。それも支払い、ローンと預金、投資という三つの主要なサービスを備えた本格的な銀行の設立を目指そうというプロジェクトです(下記参照:公式サイトより)。

しかし“ブロックチェーン時代の銀行”といってもちょっと抽象的ですよね。一体何のために新しい銀行が必用なのか?

日本語で読めるホワイトペーパーの最初の方を見ると、はっきりこう書かれてています。

バンクエラは、テクノロジーを用いてカウンターパーティーを取り除くことで商品 を利用される顧客の銀行業務コストを削減する、ブロックチェーン時代のために建 てられる銀行です。

「カウンターパーティ」というのはここでは、様々な金融サービスにテクノロジーを提供して解決を図ろうとする企業やそのサービスのことだと思われます。例えば国を超えて決済や送金サービスを提供する技術ができ、それに伴ういくつもの会社が生まれたわけですが、こうした決済や送金のサービスを使用することで、それを利用する顧客や企業はコストが増えることになります。

そこでバンクエラでは、テクノロジーを駆使して自社でそうしたサービスを提供することで、カウンターパーティを取り除き、サービスを利用する顧客の銀行業務コストを取り除こうというわけです。

ですので、ブロックチェーン時代を反映して既存の法定通貨に仮想通貨も加えた上で、両替や取引、レートの提供、決済、貯蓄や貸付、投資などの多様な銀行サービスを、自社の最新技術でコストの低減を図りながらグローバルな規模で顧客に提供していこうという、そういう壮大な構想に基づく銀行創立プロジェクトといったところでしょうか。

Bankeraの詳細はこちら

SpectroCoinで既に複数のサービスを提供中!

このBnkeraですが、昨年8月28日からプレICOが開始されていますので、11月から2月末までのICOと合わせると既に半年近くICOを実施していることになります。

公式サイトによると、総額25億のBNKトークンが2,500万ユーロで売却され、これまでで最大のPre-ICOの1つになっているということで、いかにこの案件が注目を集め、信用を得ているかが窺える数字なわけですが、その理由として、ICOに先立って既にサービスを提供していた実績が評価されたという点が挙げられます。

そのサービスというのが、SpectroCoinと呼ばれるブランドで運営されている仮想通貨取引やe-wallet(電子マネー口座)、 デビットカードの発行、決済代行サービスになります。

SpectroCoin発行のデビットカード。

ちなみにBankeraの公式サイトによると、この記事を書いている現在でSpectroCoinは750,000人の顧客を抱え、65,000枚のカードを発行済みとのことで、顧客の登録も毎日4000件以上のペースで増えているそうです。

このSpectroCoinですが、PCやスマホから利用できるプラットフォームが実装されており、Walletの機能を持ちつつ通貨の両替(フィアット通貨⇔仮想通貨)をすることができます。BankeraのICOトークンであるBNK(Banker)を購入するのも同プラットフォームから行う必要があるため、今回のICOに参加するにはこのSpectroCoinのアカウントの作成が必須となります。

私もアカウントを作って、ビットコインの送金とBNKの購入を実際にやってみたんですが、御覧のように日本語の表示にも対応していますし、非常に見やすく使いやすいプラットフォームとなっており、簡単に送金、両替ができました。

トークン保有者には利益の20%が分配される!

このICOが人気となっているもう一つの大きな理由が、BNKトークン保有者にバンクエラとSpectroCoinに顧客が払う手数料から直接費を差し引いた順取引利益の20%が利息として分配されるという点です。

利息の分配はスマートコントラクトの仕組みを利用。まず①スマートコントラクトにバンクエラの毎週の純取引利益の20%が送られ、②その後トークンの保有者に保有額に応じて分配されます。

そしてこの利息の分配は、今現在実際にBNK保有者に毎週ETH(イーサリアム)で支払われ続けており、私のSpectroCoinのBNKトークンの口座にも僅かずつですが、確かに入ってきています。

私のSpectroCoinの口座。毎週確実に入ってきてます。

↓Twitterでの喜びの報告もありますね。

僅かとは言え、今後値上がりも期待できるETHでこうやって分配があるのは嬉しいもんです(*^^*)。

ちなみにこの利息の分配がいつまで続けられるのかというと、「バンクエラが 完全に稼働するまで」とホワイトペーパーにあります。

この「完全に稼働」というのが何をもってそうなのか不明なんですが、Bankeraが銀行となることを考えると、ロードマップにあるICO後の銀行ライセンスの取得による融資や金融サービスが可能となる2019年前半ぐらいなのかなあと個人的には思っていますが、この点については情報が入り次第ブログで報告したいと思います。

Bankeraの詳細はこちら

チームのメンバーも凄い!

さらにもう一つこの案件が信頼でき人気になる要素というのが、このBankeraチームのメンバーが凄いことです。

まず話題になっているのが、NEM財団のロン・ウォンCEOがアドバイザーに名前を連ねていることです。

この方、ネットで調べると技術者としての経歴、起業家としての素晴らしい経歴が出てきます。オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の電子工学科を卒業後、30年以上にわたってソフトウェア開発、ネットワークやプロバイダーのワイヤレスブロードバンド関連のビジネスに関わってきた方ですが、仮想通貨との関わりという点では何といってもNEMブロックチェーン技術の設計に関わっているということ、ブロックチェーン技術のトップクラスの技術者、先駆者として世界的に知られているというところが特筆すべき点でしょう。

そんな人物がアドバイザーにいるだけでもBankeraがいかに凄いプロジェクトなのかが窺い知れるところですが、他にも欧州議会議員や金融業界で有名な銀行専門家、経験豊かなシステムエンジニア、会計士、税理士、ウェブデザイナー、マーケッターなどの多様なプロフェッショナルの集団がチームとアドバイザーに名前を連ねており、非常に優秀なメンバーがこのプロジェクトを進めていることが分かります。

これだけのチームを集めることで、技術的な面に加え、コンプライアンス面も担保されている、ホワイトペーパーの中ではその点についても述べられています。

銀行を建てる上で成功を握る伴は資本、テクノロジー、コンプライアンス(法令遵 守)の三つにあります。バンクエラの経営チームはこの三つの相乗効果を最適に発 揮させる実績を持ち、私たちはICO開始前すでにこの三つの柱を築き、実用最小限 の商品(MVP)の開発を成し遂げました。

まあわけのわからない組織ではなく銀行の設立ですし、しかも新しい試みをやろうというわけですから、コンプラ遵守なんか当然と言えば当然ですけどね(´・ω・)。

ICOの期間終了間際!しかしSCOの予定あり!

最初の方にも書きましたが、この記事書くのが遅かったかなあていう感じですね(*´з`)。だってICOの期間が2月末で終了ですからね・・・。

しかしまだICOに参加されていない方や、追加投資をしたい方は今からでもBNKトークンの購入はできますので、十分熟慮の上で参加するかどうかを決めることをお勧めします。

良いことばかり書きましたが、勿論今後スムーズにプロジェクトが進展するかどうかは特に外部の人間には分からないわけですから、そういう意味でのリスクも認識しておくべきだとは思います。

その上でもしこの案件の投資に参加するという場合は、現在50億BNKが発行され、以下のように0.021EURで入手できますから、少しでも安く手に入れたい場合は急いだ方がいいということになります。

ちなみに、ICO期間終了までに75億BNKトークンが完売しなかった場合には、残りのトークンはPre-ICOおよびICOトークン保有者に按分されるとのこと。うーん、さらに追加でもらえるのなら、完売して欲しくないような気もしますが・・・。

ところでBankeraのホワイトペーパーではSCO(Second Coin Offering)についても触れています。それによると、BNKトークンの発行割合は、プレICOの参加者に10%、ICOの参加者に30%、経営チームとバンクエラ社員に25%、5%がアドバイザリーに割り当てられ、残り30%がSCOで発行する予定とのことですので、まだ2月末までに購入できなかった人にも入手の機会はありそうですね。

SCOについての詳細は今後公表していくとのことですので、気長に待ちましょう。

バヌアツの銀行も買収!

Bankeraは広報活動も活発で、ブログ、Twitter、Youtubeなど複数のメディアで最新情報を届けてくれているので、興味ある方はアクセスしてみてください。

そんなBnkeraに関する情報の中でも最近特にインパクトのあったのが1月25日に流れたこちらのニュース(日本語字幕あり)。

そうバヌアツの銀行PacificPrivateBankを買収したっていうニュースですね。何でも20年以上の歴史のある銀行で、上の動画では買収先のプロ銀行家チームを「重要な資産」と表現していますね。モノホンの銀行のノウハウも吸収し、着実に将来の新しいコンセプトの銀行設立に向けた道を歩んで欲しいところです。

まとめ

というわけでBankeraについて紹介してきました。この他にも11月には仮想通貨の取引所を持つことを発表しており、構築中の取引所プラットフォーム上での架空の仮想通貨によるトレーディングコンテストを実施していたり、話題に事欠きませんね。

そのビジョンへの期待値、利息の配当、SpectroCoinでのサービス提供とその利便性、ロン・ウォン氏を始めとするチームへの信頼感、日本語で読める公式サイト&ホワイトペーパー、銀行買収etc、非常に魅力的なICO投資案件であることは間違いないです。

当ブログでは今後もこの魅力あるBnkeraについての情報を発信していく予定です。

Bankeraの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. 誰でも勝てる究極のFX商材か!?相場に応じた完全無裁量の手法!FXプレミアムトレ…
  2. 環境認識や通貨ペア選択、エントリーから決済までストレスフリーのFXテンプレートが…
  3. 追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!ビットバンクトレード
  4. FXブルーBOX★スターシグナルを実際に購入して検証!ドラストFXとの相性抜群!…
  5. 水危機を打破するためのプロジェクトFirop

関連記事

  1. 仮想通貨

    下落相場でも数百%の利益!ORCA SIGNALの状況報告/2018年3月

    しばらくばたばたしていてなかなかブログ更新できませんでした。久々の更新…

  2. 仮想通貨

    USI-TECHの出金処理が遅くなってます・・・当ブログの対応について

    現在USI-TECHの出金処理がかなり遅くなってます。1月中旬までは出…

  3. 仮想通貨

    含み損が・・・ORCA SIGNALの状況報告/2018年5月 

    少し遅いですがORCA SIGNALの5月の成績のご紹介です。5月はビ…

  4. 仮想通貨

    社会に貢献し収益性も確保!ICO案件FountainConnectのご紹介

    社会的に貢献でき、収益性も保証されたプロジェクトICOは資金調…

  5. 仮想通貨

    USI-TECHがTechCoinのホワイトペーパーとロードマップを公開!!

    USI-TECHがTechCoin(テックコイン)のホワイトペーパーを…

  6. 仮想通貨

    ボーナス40%!LODEのパブリックセールステージ1がスタート!

    金の現物取引から無駄なコストと不正を排除して、安全安心な取引に変えてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

圧倒的実績!!別次元のシグナル配信!!

一瞬で相場環境を把握して安定的に稼ぐ!

小額から始められて資金効率抜群のシンプル投資!

長期で着実に積み立てるFX

追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!

エアドロップ中!

ポンド円に特化してレンジでもトレンドでも稼ぐ完全無裁量の手法!

シンプルなライントレードをマスターできる!

スポンサードリンク

Twitterやってます!

  価値ある投資情報を不定期に配信!

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 仮想通貨

    金の現物取引から無駄と不正を排除し透明で安心安全なネットワークを構築!LODE
  2. 仮想通貨

    USI-TECHで久々に出金できました・・・
  3. FX

    FXブルーBOX★スターシグナルを実際に購入して検証!ドラストFXとの相性抜群!…
  4. 仮想通貨

    追証もスワップ払いもなしのビットコインFX!ビットバンクトレード
  5. 株式・先物

    「ユダヤ人の錬金術」池田式・サヤ取り投資マスター塾が募集再開(4月28日まで)
PAGE TOP